地方経済

コロナ解雇・雇い止め4000人超す 中国地方、広島県が最多1594人

2020/11/10 18:04

 新型コロナウイルスの感染拡大による解雇・雇い止めの人数が中国地方で4千人を超えたことが10日、厚生労働省のまとめで分かった。経営破綻や事業の撤退が相次いで大規模な失職も出ており、コロナ禍による景気悪化の影響が続いている。

 厚労省は5月29日以降、見込みを含めた都道府県別の人数を毎週公表している。11月6日時点の5県の合計は4043人。約2カ月で千人増えた。県別は広島が1594人で最も多く、岡山992人、山口641人、島根499人、鳥取317人と続く。
(ここまで 222文字/記事全文 714文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧