地方経済

終電前倒し 利用戻らず便数も削減 【ウィズコロナ 変化の中で】<第1部>縮む街(4)

2020/12/14 22:33
広島市中心部を貫く広島電鉄の軌道。8日午後11時36分。この日の運行は終え、がらんとしていた(撮影・大川万優)

広島市中心部を貫く広島電鉄の軌道。8日午後11時36分。この日の運行は終え、がらんとしていた(撮影・大川万優)

 ▽早まる帰宅、飲食店苦境

 大竹市の会社員女性(54)は在宅勤務を始めて、半年余りになる。広島市中区のオフィスに顔を出すのは、勤務日の3割ほど。JRと路面電車の定期券も買わなくなった。仕事帰りに同僚と食事をしたり、休日に買い物に出掛けたりすることもめっきり減った。「しばらくはこんな勤務が続きそう」。新型コロナウイルス禍に広がった新しい生活スタイルが、公共交通機関に苦境をもたらしている。
(ここまで 194文字/記事全文 1885文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 神田佑亮教授
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧