地方経済

脂肪を抑えた高森牛に脚光 岩国の安堂畜産、もぉ霜降りだけの時代じゃない 

2021/1/13 13:00
農場で牛をあやす安堂社長

農場で牛をあやす安堂社長

 岩国市周東町の地域ブランド牛、高森牛の肥育や加工で最大手の安堂畜産(岩国市)は、サシ(脂肪分)の多い「霜降り」にこだわらない経営で成果を挙げている。新型コロナウイルスの流行でインバウンド(外国人旅行客)が激減。外食需要も落ち込み、牛肉の消費が低迷する中、売り上げは微減にとどまる。目指すのは、日本人の口に合う「健康体の肉牛」づくりだ。
(ここまで 168文字/記事全文 853文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧