地方経済

【インタビュー】コロナ禍の取引先どう支援 ひろぎんホールディングス 部谷俊雄社長

2021/1/16 13:00
「新しい時代に向け、取引先の動きを軌道に乗せたい」

「新しい時代に向け、取引先の動きを軌道に乗せたい」

 ▽将来像描き本業支える 情報や観光分野も柱に

 2021年は地方銀行にとって正念場の年だ。新型コロナウイルス禍で大きく落ち込んだ地方経済の再生には、地銀の後押しが欠かせない。ひろぎんホールディングス(HD、広島市南区)の部谷俊雄社長は「HD化の利点を生かして本業支援を進める」と力を込める。(加田智之)
(ここまで 151文字/記事全文 802文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧