地方経済

エネファーム、累計販売3000台超す 広島ガスの燃料電池、団地など一括採用増

2021/1/21 21:51
トータテグループが手掛ける新築住宅に設置されたエネファーム(広島市東区)

トータテグループが手掛ける新築住宅に設置されたエネファーム(広島市東区)

 広島ガス(広島市南区)の家庭用の燃料電池エネファームの販売が今月、累計3千台を超えた。都市ガスで発電、給湯する省エネ性能や、災害時も発電して一部の家電が使える利点が評価され、住宅団地やマンションでの一括採用が増えている。

 トータテホールディングス(中区)のグループは、広島市東区牛田早稲田に開発した宅地の建売住宅131戸全てで導入する計画を持つ。既に12戸に設置した。同市内の一戸建て住宅で光熱費が減る効果を確認したことから「家の付加価値が高まる」と一括採用を決めた。

 ▽停電時でも発電…
(ここまで 245文字/記事全文 638文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧