地方経済

広島の有効求人1・42倍 20年、生産調整や外出自粛響く

2021/1/29 22:20

 広島労働局は29日、広島県の2020年の有効求人倍率の平均(原数値)が1・42倍で前年を0・63ポイント下回ったと発表した。新型コロナウイルスの流行が響き、下げ幅は第1次石油危機の影響を受けて1・04ポイント落ち込んだ1975年以来の大きさだった。統計のある63年以降では3番目で、他の中国地方各県も大幅に低下した。
(ここまで 159文字/記事全文 709文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧