地方経済

マツダ、今月1万台減産 半導体不足で本社・防府工場

2021/2/1 22:51
半導体不足の影響で減産するマツダ本社宇品工場(広島市南区)

半導体不足の影響で減産するマツダ本社宇品工場(広島市南区)

 世界的な半導体不足の影響でマツダは今月、本社宇品(広島市南区)と防府(防府市)の両工場で生産調整をする。1万台程度の減産となるとみられ、主力のスポーツタイプ多目的車(SUV)CX―5など幅広い車種を減らす。新型コロナウイルス禍に伴う生産減からの巻き返しを図る中での再びの減産に、部品メーカーからは不安の声が上がる。
(ここまで 158文字/記事全文 715文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧