地方経済

【インタビュー】コロナ禍からの反転策は 三菱重工コンプレッサ 山根康幸社長

2021/2/13 13:00
「顧客の要求を的確に反映できる強みを生かし、アフターサービスを加速させたい」

「顧客の要求を的確に反映できる強みを生かし、アフターサービスを加速させたい」

 ▽アフターサービスに注力 収益構造の戦略練り直し

 大型圧縮機(コンプレッサー)を製造する三菱重工コンプレッサ(広島市西区)が新型コロナウイルス禍で、化学工場や石油、ガス会社からの受注減に直面している。山根康幸社長は「製品の補修などアフターサービスの比率を上げ、需要の谷を切り抜ける」と強調。年間売上高700億〜800億円の規模を維持し、収益の構造を変える戦略を描く。(秋吉正哉)
(ここまで 190文字/記事全文 910文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧