地方経済

「農福連携」で野菜加工・冷凍 JA全農ひろしまと福祉事業所、農家の収入安定目指す

2021/2/16 23:03
冷凍ポタージュを試作する舟入工場の通所者たち

冷凍ポタージュを試作する舟入工場の通所者たち

 JA全農ひろしま(広島市安佐南区)は広島市内の福祉事業所と連携し、地元野菜の加工、冷凍事業に取り組んでいる。新型コロナウイルス禍や近年の気候変動で野菜の相場が大きく上下する中、「農福連携」による加工で付加価値を高め、時期もずらして販売。農家の収入の安定や食品ロスの削減を目指している。
(ここまで 143文字/記事全文 847文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧