地方経済

糖質控えめなど焼き菓子コラボ 広島の福々庵と安田女子大生

2021/2/26 22:17
「ままごころ」と「まごのきもち」を説明する森本社長

「ままごころ」と「まごのきもち」を説明する森本社長

 まんじゅう製造の福々庵(広島市中区)は、安田女子大(安佐南区)の学生と一緒に新しい焼き菓子2種類を開発した。学生の調査結果を基に、商品の方向性を決定。両親や祖父母への贈り物にも使えるように、原材料に気を配った。3月1日に発売する。
(ここまで 116文字/記事全文 447文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧