地方経済

笠岡湾干拓地でバイオガス発電 牛ふん利用

2021/3/4 13:00
牛ふんを活用したバイオガス発電プラントの完成予想図

牛ふんを活用したバイオガス発電プラントの完成予想図

 笠岡湾干拓地(笠岡市)の畜産業など8事業者でつくる「かぶとバイオマスプラント有限責任事業組合」と電気工事業の三和電気土木工事(大阪市北区)が、牛ふんから出るメタンガスを活用したバイオガス発電事業に取り組む。同社によると、北海道を除いて国内最大規模の施設になるという。3日、笠岡市で同市を交えた3者が円滑な整備や運営に向けた協定を結んだ。
(ここまで 169文字/記事全文 578文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧