地方経済

団信事務を一括で管理 島根銀など仕組みつくり、地銀向けコスト削減

2021/3/4 13:00

 島根銀行(松江市)とSBI生命保険(東京)は、住宅ローンの返済者が病気や事故で死亡した際に残額分を保障する団体信用生命保険(団信)の事務を全国の地方銀行や信用金庫、信用組合向けに一括で取り扱う仕組みをつくった。業態や地域を越えた団信の管理は国内では例がなく、スケールメリットを生かして事務コストを下げ、保険料を安くするなどの顧客メリットにつなげる。
(ここまで 175文字/記事全文 412文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧