地方経済

「民需停滞」35・8% 広島県中小同友会調査

2021/3/4 21:19

 広島県中小企業家同友会(広島市中区)の1月の調査で、経営上の問題点に「民間需要の停滞」を挙げる企業が35・8%に上り、最も多かった。新型コロナウイルス禍が長引き、昨年7月の前回調査から2・1ポイント上昇。経営環境の厳しさが増し、リーマン・ショックや東日本大震災の影響が残る2011年10月の38・1%に次ぐ水準だった。
(ここまで 160文字/記事全文 687文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧