地方経済

フタバ図書社長「ツタヤのノウハウ最大限に」 Tカード使える

2021/3/12 23:49
「本業を基本からやり直す。徹底して磨き上げる」と話す横山社長

「本業を基本からやり直す。徹底して磨き上げる」と話す横山社長

 書店チェーンのフタバ図書(広島市西区)は、複合書店の全26店を順次「TSUTAYA(ツタヤ)」のFC店へ切り替える。日本出版販売(東京)出身で、旧会社から事業譲渡を受けた1日に就任した横山淳社長(58)は「ツタヤのノウハウを最大限生かし、本業に磨きを掛ける」と強調。複合書店を中心に相乗効果のある事業の展開で、再建を目指す考えを示した。(筒井晴信)

 【関連】複合全26店の年内ツタヤFC化計画 4月9日「五日市店」を切り替え

 ―再建が必要になった原因をどう分析しますか。

 書籍や文具、ゲームの販売、DVDレンタルなど本業は大丈夫だったと思っているが、介護など事業を広げすぎた。無理な出店もあった。意思決定の際に経営陣と現場の議論がなく、ガバナンス(企業統治)が機能していなかった。

 ―どう立て直しますか。
(ここまで 351文字/記事全文 999文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧