地方経済

【震災10年 企業と防災】<5>被災地へ 地場100社、復興担い進出

2021/3/12 22:24
大和エンジニヤリングが手掛けた水門を見学する高浜小の児童(2016年10月)

大和エンジニヤリングが手掛けた水門を見学する高浜小の児童(2016年10月)

 ▽収益と貢献 両輪で現地定着

 アルミ製船舶など製造のツネイシクラフト&ファシリティーズ(尾道市)は岩手県山田町に子会社ティエフシーの本社と工場を構えている。カキの養殖いかだが並ぶ山田湾の沿岸部。東日本大震災から4カ月後の2011年7月に設立した。「認知度が上がり、仕事は徐々に増えている」。ティエフシーの小寺厳克執行役員はこの10年を振り返る。
(ここまで 173文字/記事全文 1243文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧