地方経済

広島市内に仮想オフィス続々進出 郵便物受け取りや本社登記に 悪用対策へ審査強化

2021/3/16 13:00
ワンストップビジネスセンター広島店の貸し会議室を説明する土本社長(広島市中区)

ワンストップビジネスセンター広島店の貸し会議室を説明する土本社長(広島市中区)

 新型コロナウイルスの流行で在宅勤務などのテレワークが浸透する中、郵便物の受け取りなどを担う「バーチャルオフィス」が広島市内で増えている。開業の初期投資を抑えたい起業家や、自宅の住所をインターネットなどで公表したくない個人事業主のニーズを取り込んでいる。本社所在地として登記もでき、運営会社は利用する事業者の調査を厳しくしている。
(ここまで 165文字/記事全文 863文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧