• トップ >
  • 地方経済 >
  • 経済ニュース >
  • 【インタビュー】震災10年、災害対応どう強化 マツダ 菖蒲田清孝(しょうぶだ・きよたか)取締役専務執行役員

地方経済

【インタビュー】震災10年、災害対応どう強化 マツダ 菖蒲田清孝(しょうぶだ・きよたか)取締役専務執行役員

2021/3/17 13:03
「調達の見える化と、代替生産の備えに力を入れてきた」

「調達の見える化と、代替生産の備えに力を入れてきた」

 ▽調達「見える化」し管理 代替生産の想定怠りなく

 マツダはこの10年、東日本大震災を教訓に災害対策を強めてきた。主眼は車づくりの生命線、サプライチェーン(部品の調達・供給網)が寸断した場合への対応だ。菖蒲田清孝取締役専務執行役員(61)は「調達の見える化と代替生産の想定に力を入れてきた」と強調。備えをさらに充実させる考えを示した。(井上龍太郎)
(ここまで 174文字/記事全文 1031文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧