地方経済

とれたて元気市広島店、10月に建て替えオープン 新たにスイーツカフェ

2021/3/18 21:43
JA全農ひろしまが10月に開く新しい産直市の完成予想図

JA全農ひろしまが10月に開く新しい産直市の完成予想図

 JA全農ひろしま(広島市安佐南区)は、産直市「とれたて元気市広島店」(同)を現在地で建て替え、10月中旬にオープンする。地元の生鮮品の販売に加え、新たに県内産の果物を使ったスイーツカフェも設ける。全農ひろしまが製造に乗り出す総菜も扱う。売り場面積は840平方メートルと、現店舗より2割広げる。

 新店は鉄骨2階建て延べ2590平方メートル。事務所やバックヤードだった建物を解体して整備する。1階が店舗や冷蔵・加工室で、2階が事務所。近く建設を始める。現店舗は、新店オープンまで営業を続ける。

 県内全域から集めた野菜や精肉、鮮魚を売る。総菜は現店舗でも扱う生産者手作りの商品だけでなく、全農ひろしまの製造品も並べる。商品を充実させて核家族化や共働き世帯の増加に伴うニーズの高まりに応える。県内産品の新しい調理方法の提案も狙う。
(ここまで 360文字/記事全文 644文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧