地方経済

中電、アフリカで再生エネ支援 ディーゼルと組み合わせ、隠岐のノウハウ活用

2021/3/20 13:00

 中国電力は19日、西アフリカの島しょ国カボベルデで、再生可能エネルギーの導入を支援するコンサルティング業務を九州電力の子会社と共同で受託したと発表した。再エネは発電量の変動が大きく、同国で主力のディーゼル発電を使いながら電力を安定供給できるよう助言する。島根県の隠岐諸島で取り組んだ事業のノウハウを生かす。
(ここまで 154文字/記事全文 521文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • モスのレタス農場、安芸高田で出荷場完成 (3/20)

     ハンバーガーチェーン「モスバーガー」向けのレタスを生産するモスファームすずなり(静岡県磐田市)は19日、安芸高田市高宮町羽佐竹で出荷場の完成式を開いた。併設のハウスで育てた苗を3月末に畑へ植え替え、...

  • 戸田工業、赤字43億円に下方修正 (3/20)

     化学素材メーカーの戸田工業(広島市南区)は19日、2021年3月期連結の純損益予想を43億円の赤字に下方修正した。新型コロナウイルス禍で在宅勤務が広がる中、オフィスのプリンター向けのトナー材料などは...

  • ボール×電車のパスケース アストラム・八橋装院・ミカサ連携 (3/20)

     アストラムラインを運行する広島高速交通(広島市安佐南区)は19日、被服縫製の八橋(やはし)装院(安佐南区)と競技用ボール製造のミカサ(安佐北区)の両社と連携して作ったパスケースを売り出した。カード型...

  • 金光酒造が最優秀 東広島で西条清酒品評会 (3/20)

     日本有数の酒どころ、東広島市の酒造会社が新酒の出来栄えを競う西条清酒品評会が19日、市内の催事場であった。最優秀には金光酒造(同市黒瀬町)の酒が選ばれた。

  • フジがファミリー照準「古市」開店 (3/20)

     スーパーのフジ(松山市)は19日、広島市安佐南区大町東にフジ古市店をオープンした。同区は人口が増えているベッドタウンで、ファミリー層の需要を見込む。同社の広島県内への出店は22店目。