地方経済

カキ料理、新たに4品 広島県発表、フランス料理の著名シェフが協力・開発

2021/3/23 22:14
広島県産カキを使った料理を紹介する上柿元シェフ(左)、勇崎シェフ(中)、中山シェフ(撮影・田中慎二)

広島県産カキを使った料理を紹介する上柿元シェフ(左)、勇崎シェフ(中)、中山シェフ(撮影・田中慎二)

 広島県は23日、フランス料理で日本を代表する上柿元勝シェフたち3人の料理人と協力して開発した県産カキの新料理を発表した。県は生産量日本一のカキの輸出を2021年度から強化する計画。地元のカキの魅力をシェフ目線で把握し、食べ方と合わせて海外にアピールしようと企画した。
(ここまで 134文字/記事全文 586文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧