地方経済

料理の出前「ディディフード」も参入 広島県内、競争激化

2021/3/24 21:43
記者会見で登壇したディディフードの配達員(左端)

記者会見で登壇したディディフードの配達員(左端)

 中国配車大手の滴滴出行(ディディチューシン)は24日、広島県で料理の出前サービス「ディディフード」を始めた。国内4府県目で、中四国地方では初めて。県内は出前サービスへの参入が相次いでおり、競争が激しくなりそうだ。

 利用者はスマートフォンのアプリで飲食店と料理を選んで注文。配達員が店から料理を受け取り、自宅などへ届ける。配送手数料は50〜450円で平均配達時間は28分。対象エリアは広島、福山、東広島、廿日市の4市と府中町で、一部地域は除く。お好み焼き店や牛丼店など約400店を利用できる。
(ここまで 240文字/記事全文 401文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧