地方経済

畑の乾燥察知し自動で水やり 広島県農技センターが指令機を開発

2021/3/30 12:58
開発した灌水指令機の機能を説明する川口DX担当部長

開発した灌水指令機の機能を説明する川口DX担当部長

 広島県立総合技術研究所農業技術センター(東広島市)は、畑の土壌の水分量に応じて自動で灌水(かんすい)=水やり=ができる独自の指令機を開発した。電子機器製作などの寿エンジニアリング(広島県熊野町)が製品化し、5月中旬の発売を目指す。
(ここまで 116文字/記事全文 638文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧