地方経済

業態拡張 製造卸と直販、相互参入【ウィズコロナ 変化の中で】<第4部>次のビジネス(4)

2021/4/1 22:50
昨年5月に開いた阪本鶏卵の直売所。多くの客がサンドイッチを買い求めていた(撮影・井上貴博)

昨年5月に開いた阪本鶏卵の直売所。多くの客がサンドイッチを買い求めていた(撮影・井上貴博)

 ▽新たな販路に手応え

 衣料品製造卸アスティ(広島市西区)が作る商品は、アパレル専門店や量販店に並ぶ。ただ買い物客がアスティ製を意識することは少ない。相手先ブランドによる生産(OEM)だからだ。それが今、大手通販サイトに自社ブランドが並ぶ。「商品によっては即完売。ビジネスとして手応えを感じられるようになった」。新井宏取締役(50)は力を込める。
(ここまで 173文字/記事全文 1337文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧