地方経済

広ガス、都市ガス販売11%減見通し 今後3年間、大口の需要縮小

2021/4/3 13:00
脱炭素への事業展開を語る松藤社長

脱炭素への事業展開を語る松藤社長

 広島ガス(広島市南区)は2日、今後3年間で都市ガスの販売量が2020年度の見込みから11・2%減る見通しを明らかにした。工業用で大口の取引先への販売が減るため。新たな大口先を開拓し、家庭用の普及率も高めて補う。
(ここまで 106文字/記事全文 619文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧