地方経済

北川精機、板状の炭素繊維強化プラスチック量産技術を開発 車部品など軽量化

2021/4/6 13:00
CFRPのシートを切断し、重ね合わせる装置

CFRPのシートを切断し、重ね合わせる装置

 プリント基板用プレス機など製造の北川精機(府中市)は、板状の炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を量産する技術を開発した。自動車の部品などを軽量化する材料として普及を促し、新たな事業の柱に育てようとしている。
(ここまで 105文字/記事全文 522文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 板状のCFRPを加工して試作した自動車のドア部品
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧