地方経済

中電、福島のバイオマス稼働 中国地方以外で初の発電

2021/4/6 21:43
営業運転を始めた小名浜バイオマス発電所

営業運転を始めた小名浜バイオマス発電所

 中国電力は6日、産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)と共同で福島県いわき市に建設した小名浜バイオマス発電所の営業運転を始めた。中電が中国地方以外の国内で発電所を稼働するのは初めて。新たな収益の確保や再生可能エネルギーの拡大につなげる。

 中電が木質バイオマスだけを燃やす発電所を稼働するのも初となる。出力は7万5千キロワット。木質ペレットやパームヤシ殻を全て海外から仕入れ、年約30万トン使う。石炭だけを燃やした場合に比べ、二酸化炭素(CO2)の排出量は年43万トン減らせるという。
(ここまで 243文字/記事全文 636文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧