地方経済

取引先に「改善」推進役、マツダが認定制度開始 1期生、12社24人を任命

2021/4/7 13:00
マツダからプロモーターに任命されたヒロテックの小西部長代理

マツダからプロモーターに任命されたヒロテックの小西部長代理

 マツダは、地場の部品メーカーを対象に、コストや品質の改善活動の推進役を企業ごとに認定する制度を始めた。生産や人材育成のポイントを伝える研修を開き、1期生として12社の24人を「プロモーター」に任命した。各社で無駄の洗い出しなど業務の見直しに率先して取り組んでもらい、地場メーカーのコスト競争力や品質の向上につなげる。
(ここまで 159文字/記事全文 949文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧