地方経済

JR広島支社、旧社屋4棟を21年度解体 「エキキタ」再開発検討

2021/4/15 22:55
広島駅北側に立つJR西日本広島支社の旧社屋。中央部分の2棟を除き、本年度中に解体される(撮影・藤井康正)

広島駅北側に立つJR西日本広島支社の旧社屋。中央部分の2棟を除き、本年度中に解体される(撮影・藤井康正)

 JR西日本広島支社は15日、広島市東区二葉の里地区にある旧社屋6棟のうち、使っていない4棟を2021年度中に解体する方針を明らかにした。残る2棟も5年程度使用した後、取り壊す予定。広島駅北側の一等地にある同地区の敷地について同支社は、「エキキタ」のにぎわいづくりにつながる再開発を検討する。
(ここまで 146文字/記事全文 1060文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧