地方経済

水素フェリー世界初導入、周南で6月にも試運転 トクヤマ、クルーズも想定

2021/4/15 22:55
尾道市で建造している世界初の水素燃料フェリー

尾道市で建造している世界初の水素燃料フェリー

 水素を燃料とする世界初の旅客フェリーが、6月にも周南市の徳山下松港で試運転を始めることが15日、分かった。総合化学メーカーのトクヤマ(周南市)が導入し観光クルーズなどでの活用を想定する。政府が2050年までに国内の温室効果ガス排出を実質ゼロにする目標を掲げる中、未来エネルギーを先取りする試みとなる。
(ここまで 151文字/記事全文 755文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧