地方経済

県外企業の広島移転・進出、地方回帰の受け皿に 人材確保・事業拡大で利点

2021/4/20 22:48
東京にいる役員とオンラインで打ち合わせをするリジョウイの菅社長(広島市中区)

東京にいる役員とオンラインで打ち合わせをするリジョウイの菅社長(広島市中区)

 2020年度に県外企業によるオフィス開設や本社移転が急増した広島県。新型コロナウイルスの流行に伴うオンライン会議やテレワークの普及で東京にこだわる必要性が薄れ、「地方回帰」の受け皿となった。企業側は人材確保や地方での事業拡大などにも利点があるとみている。

【関連記事】広島に移転・進出企業倍増 20年度28社、働き方転換進む

 人工知能(AI)の導入支援やデータ分析のリジョウイ(東京)は今月初め、広島市中区のマンションに初の地方拠点となる広島オフィスを設けた。本社機能と社員は東京に残し、大崎上島町出身の菅由紀子社長だけ移り住んだ。
(ここまで 266文字/記事全文 811文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧