地方経済

飲食店取引先の応援金申請延長 広島県、5月14日まで

2021/4/24 13:00

 広島県の新型コロナウイルス集中対策の影響を受けた飲食店の取引先向けの応援金で、県は23日までとしていた申請期間を5月14日まで延長する。5千件の申請を見込んでいたが、今月22日時点で766件にとどまっており、引き続き利用を呼び掛ける。
(ここまで 118文字/記事全文 430文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 画面触らず安心搭乗手続き JAL、広島空港に新機器 (4/24)

     日本航空(東京)が、広島空港(三原市)の国内線出発ロビーに非接触のチェックイン機を導入した。新型コロナウイルス禍での不要な接触を減らせる。3月以降に羽田、福岡、大阪(伊丹)で導入し、広島が4番目とな...

  • ジャケットがエコバッグに 青山商事が発売 (4/24)

     紳士服販売の青山商事(福山市)は23日、買い物バッグに素早く変えられるジャケットを発売した。しわになりにくい生地を使い、業界では初の商品という。昨年のレジ袋有料化で高まったエコバッグ需要を意識して、...

  • 飲食店取引先の応援金申請延長 広島県、5月14日まで (4/24)

     広島県の新型コロナウイルス集中対策の影響を受けた飲食店の取引先向けの応援金で、県は23日までとしていた申請期間を5月14日まで延長する。5千件の申請を見込んでいたが、今月22日時点で766件にとどま...

  • バケツ稲作、インスタ投稿を JAグループ広島が巣ごもり企画 (4/24)

     JAグループ広島(広島市中区)は、バケツで稲を育てる様子をインスタグラムに投稿してもらうキャンペーンをする。新型コロナウイルス禍で増える在宅時間の中で、稲作への関心を誘おうと初めて企画。応募は30日...