地方経済

中電、新電力破綻で痛手 取引のNW、債権94億円抱える 21年3月期決算、利益下げ要因に

2021/4/27 22:41
中国電力本社

中国電力本社

 中国電力の2021年3月期の連結決算に、新電力のF―Power(エフパワー、東京)の経営破綻が大きな影響を及ぼす見通しとなったことが27日、分かった。取引のあった送配電子会社の中国電力ネットワーク(中電NW、広島市中区)が抱えた債権額は約94億円に上るとみられる。中電が現時点で200億円と見通す純利益を押し下げる要因となる。
(ここまで 164文字/記事全文 705文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧