地方経済

田村・武田新体制が発足 広島経済同友会、経営環境激変で検討委

2021/4/28 13:00
記者会見で意気込みを語る田村筆頭代表幹事(左)と武田代表幹事

記者会見で意気込みを語る田村筆頭代表幹事(左)と武田代表幹事

 広島経済同友会は27日、広島市中区のホテルで総会を開き、筆頭代表幹事に広島ガス(南区)の田村興造会長(69)、新しい代表幹事に広島信用金庫(中区)の武田龍雄理事長(69)が就く同日付の役員交代を承認した。新型コロナウイルスの流行を受け、2021年度は環境変化を踏まえた事業承継や観光などの調査、提言に取り組む。
(ここまで 156文字/記事全文 538文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 中電単独、7年ぶり赤字 21年3月期、今冬の需給逼迫響く (4/28)

     中国電力は28日、単独の純損益が7年ぶりの赤字となった2021年3月期決算を発表した。純損失は53億円で、連結純利益も145億6400万円と前年より83・8%減った。今冬の寒波による電力の需給逼迫(...

  • 経営の効率化、不可欠 中電、単独決算7年ぶり赤字 (4/28)

     ▽競争・コロナ・需要急増の三重苦 2021年3月期の単独決算の純損益が7年ぶりの赤字に転落し、連結も大幅な減益となった中国電力。清水希茂社長は広島市中区の本社で28日開いた記者会見で、新電力との競争...

  • 中電、独禁法問題を社内調査へ (4/28)

     中国電力は28日、事業者向けの電力販売を巡って独禁法違反(不当な取引制限)の疑いで公正取引委員会の立ち入り検査を受けた問題について、独自に社内で調査する考えを明らかにした。弁護士を中心にした調査体制...

  • 「気分は夏」ビアガーデン始まる 広島市内、コロナ対策を徹底 (4/28)

     広島市内の百貨店やホテルでのビアガーデンの営業が28日、始まった。新型コロナウイルスの感染の収束が見通せない中、各施設は密集を避けるために席数を減らすなど対策を徹底する。一方で開催を断念した店もあり...

  • マツダ国内生産23%減 20年度、落ち込み幅最大 (4/28)

     ▽4カ月の生産調整響く マツダが28日発表した2020年度の生産販売実績によると、国内生産は74万7610台で前年度を23・1%下回った。記録が残る1979年度以降で3番目に少なく、落ち込み幅は最大...