地方経済

倉敷高炉再開で生産増 JFEが21年度見通し

2021/5/8 13:00

 JFEホールディングス(HD、東京)は7日、傘下のJFEスチールの2021年度の粗鋼生産量が、20年度より16%多い2650万トン程度になるとの見通しを示した。西日本製鉄所倉敷地区(倉敷市)で停止中の第4高炉が21年度後半に稼働。生産量は19年度に近い水準まで回復する。
(ここまで 136文字/記事全文 512文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 西京銀本店に藍沢証券入る 資産運用に対応 (5/8)

     西京銀行(周南市)は、本店に藍沢証券(東京)との共同店舗をオープンした。地方銀行の本店にグループ外の証券会社の店が入るのは珍しい。共同店舗は3カ所目で、藍沢証券にとって新店となる。資産運用を希望する...

  • 倉敷高炉再開で生産増 JFEが21年度見通し (5/8)

     JFEホールディングス(HD、東京)は7日、傘下のJFEスチールの2021年度の粗鋼生産量が、20年度より16%多い2650万トン程度になるとの見通しを示した。西日本製鉄所倉敷地区(倉敷市)で停止中...