地方経済

大卒内定率、広島95・3% 3月末時点、9年ぶり前年下回る

2021/5/18 22:35

 今春卒業した広島県の大学生の3月末時点の就職内定率は95・3%で、前年より1・0ポイント下がったことが広島労働局のまとめで分かった。新型コロナウイルスの影響で企業が採用を抑える傾向があり、9年ぶりに前年を下回った。ただ、一時前年より6ポイント余り低かった水準からは持ち直した。中国地方の他の4県も90%台を維持した。
(ここまで 159文字/記事全文 687文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧