地方経済

電動車販売は1割弱 マツダ・丸本社長がオンライン会見、拡充へ品ぞろえ強化

2021/5/21 13:00

 マツダは20日、電気自動車(EV)や簡易型ハイブリッド車など電動化した車の販売台数が、2020年度は全体の1割弱だったと明らかにした。丸本明社長がオンライン取材に応じた。電動化比率を上げる方針や、EVの生産台数を30年に「4分の1」とする目標に向け品ぞろえを強化する考えを示した。
(ここまで 141文字/記事全文 733文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧