地方経済

マツダ、コロナ感染者搬送車両を1年で82台受注

2021/6/12 13:00

 マツダは11日、新型コロナウイルス感染者の搬送用に自治体や医療機関へ販売している特別車両について、昨年6月からの1年間で82台を受注したと明らかにした。注文は全て、自治体から受けた。
(ここまで 92文字/記事全文 367文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 福山商議所、ワクチン職場接種の実施目指す 対象1万〜2万人、7月中旬を視野 (6/12)

     福山商工会議所の林克士会頭は11日、新型コロナウイルスのワクチンの職場接種について、商議所が主体となって実施を目指す考えを明らかにした。最短で7月中旬の開始を視野に入れ、対象は1万〜2万人規模になる...

  • カチタスが東広島出店 県内4店目 (6/12)

     中古住宅の買い取りや販売を手掛けるカチタス(群馬県桐生市)は、東広島市西条町に東広島店を出した。広島県内は広島、福山、三次市に続き4店目。家財道具の処分を代行し、修繕やリフォームを前提に買い取るのが...

  • 智頭急行23年ぶり赤字 20年度、主力の特急の乗客6割減 (6/12)

     第三セクター鉄道の智頭急行(鳥取県智頭町)は11日、2020年度決算を承認した。新型コロナウイルス禍で、主力の県と関西地方、岡山県を結ぶ特急列車の乗客が激減し、純損益は23年ぶりの赤字となった。

  • マツダ、コロナ感染者搬送車両を1年で82台受注 (6/12)

     マツダは11日、新型コロナウイルス感染者の搬送用に自治体や医療機関へ販売している特別車両について、昨年6月からの1年間で82台を受注したと明らかにした。注文は全て、自治体から受けた。

  • 広島市信組、利息収入伸び最高益更新 (6/12)

     広島市信用組合(広島市中区)は11日、2020年度の単独決算を発表した。売上高に当たる経常収益は169億2300万円で、前年比2・1%増と18年連続の増収。純利益は41億8300万円と4・3%増えた...