地方経済

廃材に付加価値、見違える輝き アップサイクル製品次々【SDGs 持続可能な開発目標】

2021/6/16 22:37
カキ殻を使った除菌剤を説明する新まるせ工事の土村社長

カキ殻を使った除菌剤を説明する新まるせ工事の土村社長

 中国地方のメーカーで、廃棄物にアイデアや技術を加えて魅力的な製品を生み出す「アップサイクル」と呼ぶ動きが広がっている。カキ殻や規格外の布を使った商品が次々に登場。国連が提唱する持続可能な開発目標(SDGs)の機運が高まる中、企業のイメージアップにも一役買っている。
(ここまで 133文字/記事全文 968文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 壁面にニューノスを使った飾りを施したホテルのエントランス(倉敷市)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧