地方経済

三建産業、アンモニア燃料の工業炉を産学研究 実現なら国内初

2021/6/18 13:00
三建産業が造る自動車部品向けの工業炉

三建産業が造る自動車部品向けの工業炉

 工業炉製造の三建産業(広島市安佐南区)は、燃やしても二酸化炭素(CO2)を出さないアンモニアを燃料に使う炉の研究開発を始めた。広島大など5者で産学連携し、脱炭素への対応を強める。2030年までの実用化を目指し、実現すれば国内初となる。
(ここまで 118文字/記事全文 532文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧