• トップ >
  • 地方経済 >
  • 経済ニュース >
  • 備後のスーパー、独自の広島展開 ハローズ、効率化徹し24時間営業/エブリイ、生鮮売り切りコスト減【フィーチャー】

地方経済

備後のスーパー、独自の広島展開 ハローズ、効率化徹し24時間営業/エブリイ、生鮮売り切りコスト減【フィーチャー】

2021/6/18 22:13
午後11時すぎのハローズ草津新町店。営業中の売り場で従業員が商品の陳列に動き回る

午後11時すぎのハローズ草津新町店。営業中の売り場で従業員が商品の陳列に動き回る

 広島県東部や岡山県を中心に展開するスーパーのハローズ(福山市)とエブリイ(同)が、広島都市圏への出店を強化している。それぞれ24時間営業や独自の売り場づくりを強みに店舗網を拡大。他の地場スーパーが全国大手との提携や企業の合併・買収(M&A)に活路を探る一方で、個性に磨きをかけている。
(ここまで 143文字/記事全文 1576文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 野菜や魚の鮮度を売りにするエブリイ沼田店。夕方には品薄になる棚が目立つ
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧