地方経済

宮島でワクチン職場接種へ 旅館組合・商工会・観光協会が協力 新型コロナ

2021/6/23 21:53

 世界遺産の島・宮島(廿日市市)で、島内の旅館組合、商工会、観光協会の3団体が協力し、新型コロナウイルスワクチンの職場接種の準備を進めている。1回目の接種は、27日に始める予定。新型コロナ禍で主力の観光事業が打撃を受ける島とその周辺地域で、安心して観光客を迎えられるよう業種を超えて希望者の早期接種完了を目指す。
(ここまで 156文字/記事全文 490文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧