地方経済

首都圏感染拡大で予約低調の中、近場に明るさ 中四国・九州在住者プラン人気

2021/7/20 22:09
1室料金で2室に泊まれるANAクラウンプラザホテル広島の客室

1室料金で2室に泊まれるANAクラウンプラザホテル広島の客室

 中国地方の宿泊施設などで夏休み旅行の予約が低調だ。新型コロナウイルスの感染拡大が続く首都圏からの集客が見込めず、苦戦が続く。遠出が難しい中、ホテルは地元客を取り込もうとより安心して泊まれるプランを始めたり、館内で楽しめるサービスを打ち出したりしている。

 ANAクラウンプラザホテル広島(広島市中区)の7、8月の予約状況は、新型コロナの影響で例年より大幅に落ち込んだ昨年並みになっている。家村保寛エリアマーケティングディレクターは「首都圏の感染拡大が止まらず、全国的に旅行ムードが高まっていない」とため息をつく。

 ツインルーム1室を予約すると別の1室も無料で使えるプランを設けている。友人同士や3世代の家族旅行で3密を避けられるとアピールする。1泊当たりの客単価は減るが、家村ディレクターは「大々的に集客して感染対策をおろそかにしたくない。コロナ禍のニーズに合ったサービスを提供する」と説明する。

 ▽世界遺産の島・宮島では…
(ここまで 412文字/記事全文 966文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧