地方経済

マツダ、防府第2工場を改造へ 「ラージ」など生産準備

2021/7/21 21:56
8月に改造工事を始める防府第2工場

8月に改造工事を始める防府第2工場

 マツダは21日、防府第2工場(防府市)の操業を8月7日から9月1日まで全面的に止め、大規模な改造工事をすると発表した。2022年度から発売する車体の大きいラージ商品群や、多様な電動車に対応できる生産ラインに刷新する。

 車の運搬装置を更新したり、新しい設備を導入したりして、同じラインでラージ商品群を含むさまざまな車を造れるようにする。生産能力は年13万8千台で変わらない。投資額は非公表。マツダは「既存の資産をフル活用し、投資額を抑えて柔軟な生産態勢を進化させる」と説明した。
(ここまで 239文字/記事全文 669文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧