地方経済

パスピー廃止方針に業界動揺 広電抜けると成り立たず【フィーチャー】

2021/7/28 22:54
アストラムラインの改札機にパスピーをかざす利用者(広島市中区)

アストラムラインの改札機にパスピーをかざす利用者(広島市中区)

 広島電鉄(広島市中区)がカード型IC乗車券PASPY(パスピー)の廃止を検討していることが表面化し、他の交通事業者に動揺が広がっている。広島県内と近郊の32社の公共交通で使えるが、最大手の広電が抜ければ運営が成り立たなくなるとの見方が強い。ただ広電が導入を目指すスマートフォンを使ったQRコード決済も課題が多く、利用者は使いやすさを求めている。

【関連】パスピー廃止検討、広電社長が明言

 「ハードとソフト(の経費)が非常に高い」。椋田昌夫社長はICカード方式の問題点を指摘する。パスピーは7、8年ごとのシステム更新に約50億円かかり、その費用を参加する32社が利用比率に応じて分担している。広電によると、規模の大きい同社は半額を支払っている。

 QRコードへの移行で、このコストが減ると考える広電。客がスマホにQRコードを表示し、車両に置くタブレット端末などにかざして運賃を払う―というイメージを持っている。ICカードの読み取り機より設置の費用が安く、電車や路線バスだけでなく、タクシーや小さなエリアを走るコミュニティーバスにも導入しやすい。県内を共通のQRコードで移動できるようにするとの構想を描く。

 ▽「高齢者難しい」
(ここまで 510文字/記事全文 1683文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧