地方経済

成豊工業が破産手続き 2010年設立

2021/7/29 13:00

 解体工事業の成豊工業(広島市西区、資本金2千万円、渡部哲平社長)が、広島地裁から破産手続きの開始決定を受けたことが28日、分かった。決定は20日付。業績の低迷に新型コロナウイルスの感染拡大が加わり、事業の継続を断念した。東京商工リサーチ広島支社と破産管財人の弁護士によると、負債総額は約11億1900万円。
(ここまで 154文字/記事全文 269文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧