地方経済

酒類卸、1杯分でも宅配 広島のミシマ、猛暑・五輪で受注増【コロナ危機 苦境を越える】

2021/7/29 22:49
ペットボトルに詰めた生ビールなどを宅配サービス業者(右)に渡す沖本社長

ペットボトルに詰めた生ビールなどを宅配サービス業者(右)に渡す沖本社長

 酒類卸のミシマ(広島市南区)が今月、生ビールや日本酒を個人宅に配達するサービスを始めた。新型コロナウイルス禍で主力の飲食店向けが低迷する一方、猛暑や東京五輪の自宅観戦を追い風に受注を増やしている。酒類卸業者が、1杯分から届けるのは全国的にも珍しいという。

 ▽特殊なペットボトル開発を知り…
(ここまで 145文字/記事全文 701文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧