地方経済

広ガスが「ローカル5G」試行へ 検知器ロボが工場内走行/データや異常、直ちに送信

2021/9/21 22:16
配管が縦横に走る広ガス廿日市工場

配管が縦横に走る広ガス廿日市工場

 ▽見て気付かぬ劣化も把握

 広島ガス(広島市南区)は12月から来年3月まで、廿日市工場(廿日市市)の液化天然ガス(LNG)プラントの点検に、限られた場所で第5世代(5G)移動通信システムを展開する「ローカル5G」を試験的に活用する。富士通など3社と共同で点検機器を載せたロボットを走らせ、高速大容量の5Gでデータを送る。現場では分からない異常の早期発見などに役立つと見込む。
(ここまで 187文字/記事全文 759文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧