地方経済

自社製有機肥料で営農 大成農材、27年に売上高10倍目標

2021/9/22 13:00
白ネギを試験栽培する大成農材の社員

白ネギを試験栽培する大成農材の社員

 肥料製造の大成農材(広島市中区)が、自社の有機肥料を使った農業を拡大している。農業での2027年3月期の売上高目標を現在の10倍となる1億円と設定した。脱炭素を進める国の指針を追い風に、原料に化石燃料を含まない有機肥料を使う新事業の育成に注力する。
(ここまで 125文字/記事全文 731文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧

  • 「ちから」の味 だしパックに (9/22)

     うどん店を展開するちから(広島市中区)は、店舗で提供するうどんのだしと同じ原料を使った「ちから一番だしパック」を発売した。新型コロナウイルスの流行で外食の機会が減る中、自宅での料理に手軽に使ってもら...

  • 合同面接会の参加企業募集 呉で22年1月29日【日鉄呉地区 製鉄所閉鎖】 (9/22)

     日本製鉄瀬戸内製鉄所呉地区(呉市)の2023年9月末めどの閉鎖方針を受け、広島労働局などは、同地区などの従業員を対象にした合同企業面接会を来年1月29日に呉市広大新開のシシンヨーオークアリーナ(市総...

  • 自社製有機肥料で営農 大成農材、27年に売上高10倍目標 (9/22)

     肥料製造の大成農材(広島市中区)が、自社の有機肥料を使った農業を拡大している。農業での2027年3月期の売上高目標を現在の10倍となる1億円と設定した。脱炭素を進める国の指針を追い風に、原料に化石燃...

  • 進む人口減、協業を加速 フジがイオン傘下へ【フィーチャー】 (9/22)

     中四国地方を地盤とするスーパーのフジ(松山市)が2024年、流通大手イオン(千葉市)の子会社マックスバリュ西日本(MV西、広島市南区)と合併する。店舗の多い四国地方で人口減少が進む中、激化する競争を...

  • コスト反映へ価格交渉講座 25日から中国経産局 (9/22)

     適正な価格での取引ができるように、発注側企業との価格交渉のノウハウを学ぶ講習会が25、29日、オンラインである。同じ内容の講座を来年2月まで計20回開催。経済産業省の主催で、中国経済産業局は参加を呼...