地方経済

メタンガスで売電を強化 広島食品団地組合、発電能力2・5倍に

2021/9/23 13:01
増設した発電機を確認する二藤専務理事

増設した発電機を確認する二藤専務理事

 広島市西区商工センターの食品メーカーなど19社でつくる広島食品工業団地協同組合(西区)が、共同の排水処理場で発生するメタンガスを使った売電事業を強化している。今春に発電機を増やし、発電能力を2・5倍に増強した。売電収入は共同設備の維持や管理に充てている。
(ここまで 128文字/記事全文 518文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧