地方経済

新船・周遊で逆境挑む 瀬戸内海汽船(広島市南区)【新地場企業群像】

2021/10/13 13:01
広島港でシーパセオ2の到着を見守る瀬戸内海汽船の従業員(右)

広島港でシーパセオ2の到着を見守る瀬戸内海汽船の従業員(右)

 主力事業は広島と呉、松山を結ぶフェリーや高速船の定期運航。2019年8月に就航したフェリー「シーパセオ」に続き、昨年8月には同型船「シーパセオ2」を導入した。仁田(にった)一郎社長(60)は「船は密ではない『非密』の乗り物だ」と強調する。
(ここまで 120文字/記事全文 766文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧